引っ越し費用の見積もりを取ってみたら

うちの母親は息子の自分が言うのもアレだけど、かなり保守的で、家は持ち家至上主義です。
だから、自分の息子が40近くになっても家も買わないというのを親戚に愚痴っているらしい。
とは言え、こんなご時世で家を買う気になれないというのも分かってくれる人は多いと思う。
やっと奨学金の返済が終わったというのに、さらにローンを再スタートしてまで家が欲しいかというと、本当に疑問です。
まあそういう考え方の食い違いもあって、今回契約更新しないで引っ越しをする話は親に言えずじまいでした。
引っ越すなんて言ったら、また「引っ越し貧乏」とか言われるんだろうな、と思うと、気持ちが暗くなるってもんです。
ただ、これ以上ここの家に住むのも手狭になってきたって言うのもあって、思い切って引っ越ししたい、というこのやる気は、自分史上でも非常にまれな現象なので、親には事後報告で良いかなという感じで進めることにしました。
しかも一応念のため、引っ越し費用の見積もりを取ってみたら全然予算とずれてて、拍子抜けしてしまったんです。
結構安いんですね、引っ越し費用って。
何十万も取られるって親が言ってて今まで鵜呑みにしてしまっていたけれど、そんなことも無いみたいです。